ガウディ巡礼(その2)

ガウディ巡礼(その2)
本日も、学生時代に戻って建築巡礼です。
これは、カサミラという集合住宅です。ガウディ作品ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガウディ巡礼(その1)

ガウディ巡礼(その1)
昨日の夜遅く、バルセロナに戻りました。今日からは今回の巡礼の第4弾、ガウディ建築巡礼です。
一発目は、ガウディの遺作にしてバルセロナといったらコレのサグラダファミリアです。森をイメージした柱とか、ステンドグラスとか、確かに素晴らしいけど、実際に観光してる直ぐ横で工事していて、教会見学というより、工事現場見学のようです。
ガウディの死後100年を目指して完成予定とのことですが、地下にはガウディの墓があります。ある意味ガウディって、死後100年以上も自分の墓を建築させていて、クフ王超え?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワープ!

期待を裏切ってというか、ある意味予想通りというか、今日の行程ワープしちゃいました。歩いたら7時間半の道のりが、タクシーでわずか30分だよ、40ユーロかかったけど。無理をしないのも大人の旅の心得です。なんちって。
明日の行程の中に、どうしても欠かせない街があるので、そこへ歩いていくことを第1目標にしました。そこはね、あのチェーザレボルジアの墓がある町で、ローマ法王の息子であるチェーザレがなんでこんなスペインの山奥に眠っているのか?
チェーザレといえば、私にとっては「イブの息子たち」に出てくる黒髪の端役!中学生の時に出会った彼に再び会うのが今回のスペイン行きの大きな目的でもあったので、明日はなんとしてでも歩きとおします。明日中にバルセロナに戻る予定で列車もとってあるので、あすは頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひざ、やっちまいました

歩き出して2日目ですが、すでにギブアップモードに入っています。
昨日、アルト・デ・ぺルドンからの石ころだらけの下り道で、どうもひざをやってしまったようで、平らな道と上り坂は何とかなるのですが、下り坂が1歩歩くたびに声が出ちゃうくらい痛い!
明日のルートは今回で最長の29.5kmなので、これはちょっと無理だろうなぁ、と思っています。明日の朝の足の調子を見ながら最終決断です。今日はこれからタイガーバームの時間です。
今日歩いたのは、プエンテラレイナという町からエステージャという町までの24kmです。24kmだから5時間で終了だな、と思っていたら、7時スタートの14時半到着で7時間半もかかってしまいました。確かに坂道も多かったんですけどね。
今日はこの旅で初めての日本人に遭遇しました。キリスト教の巡礼地だから、日本人かな?と思うと韓国人というのがほとんどです。あともう一人、日本人だろうなぁ~と思う男の子がいたんだけど、疲れ果てて日本語で声かけないうちに遠く引き離されてしまいました、残念。片道の一方通行だから、一度抜かされちゃうと、元気な若い子にはなかなか追いつけないんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巡礼開始!

巡礼開始!
今回の巡礼を開始しました。今日はパンプローナから、エステーリャという町迄歩きます。
全然出発前に歩くトレーニングをしないで来てしまいましたが、なんとか今日の最高峰、アルト・デ・ペルドンに着きました。
苦手な上り坂は、「おばあさんの散歩」でゆっくり上ると全然息も切れずに上れます。これは良い発見をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルセロナのエジプト博物館

バルセロナのエジプト博物館
バルセロナにあるエジプト博物館に行って来ました。私立の博物館らしいのですが、その収蔵量は半端ない!
ほとんどの展示物を写していて、怪しまれました。そんなことする日本人はエジプト好きの河田さんとハトちゃんと私くらいでしょう。
社会科見学中の子どもたちがいました。小さい頃からこれだけの本物に触れられるのはうらやましいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンセラット観光

モンセラット観光
観光初日はバルセロナから1時間のところにあるモンセラットに行って来ました。
少年合唱団の歌声はすごかったよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルセロナのホテルに着きました

町のど真ん中にありながら安い!というだけあって、本当に安ホテルです。一つのビルに何軒かのホテルが入っていて、雰囲気はカイロの事務所みたいな古いビルです。フロントのおじさんはいい人です。

バルセロナの町は本当に普通のビルまで凝っていて、つい上を見ながら歩いてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィーン到着

ウィーン到着
予定より30分早くウィーンに到着しました。入国カードもなく、パスポートと次の搭乗券で入国審査が終了。
ウィーン空港は結構広く、バルセロナ行きは一番隅っこからです。見回す限り、日本人はいません。隅っこも日本人ゼロも慣れたけどね。
フリーWi-Fiの場所で、これから日本のニュースでもチェックします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発前のいつもの儀式

ゲートオープン迄30分しかないのに、これだけは欠かせません。
すいませんねぇ、みんなお仕事してる時間なのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やっつけ決算